なぜ効くのかわからない|シアリスやミノキシジルでコンプレックス解消!副作用にはご注意を

なぜ効くのかわからない

頭を気にする男性

なんだか髪が薄くなってきた、と悩む人は老若問わず非常に多くいます、ストレスや生活習慣などが原因と言われていますが、それ以外の原因の一つとしてAGAという病気があります。
これは体内の男性ホルモンが増加し、体内で別の男性ホルモンに変化することで毛髪の成長サイクルを替えてしまうことで髪が短いまま抜けてしまう、成長が止まってしまった結果薄くなっていく、という症状です。
治療の際は専用の薬を服用する必要がありますが、その中にミノキシジルという薬があります、この薬は本来血圧を低下させる際に使用する降圧剤として開発されましたが、その後使用することで非常に効果的にAGAを治療する事が出来るというのが判明しました、しかし後からAGAに効果があるというのが判明した関係で、実はこの薬は何がどう効いてAGAを治療しているのかよくわかっていないのです。
仮説として、「頭に塗布することで血管が広がり、血流が良くなることでAGAが治療される」というものと「塗布することで頭に毛細血管が新しく作られ、頭の隅々に栄養を送れるようになった結果、治療される」という二つが存在します。
どちらも血管に作用するという点がわかっており、その結果起こり得る副作用というものも推測されており、頭痛や動悸、髪の成長サイクルが修正される過程で現れる髪の減少などがあるだろう、と言われています。
ミノキシジルの効果自体は非常に強力なため、AGAを治したい場合は塗布もしくは服用することで非常に効果的に治療を行う事が出来ますが、どのような副作用があるのかが特定されていない若干のリスクが存在します、使用の際は必ず医師へ相談するようにしましょう。